医師の転科ナビ【※スムーズに転科する方法】

医師の転科ナビTOP >> 診療科別の転科事情 >> 総合診療科

総合診療科

総合診療科というのは、大きな病院などでみることができる診療科であり、非常に幅広い症状に対応することができる診療科ともなります。「症状が出てきたが、どの診療科に行ったら良いのかわからない」というような時に、総合診療科に足を運んでいく人もいることでしょう。

この総合診療科への転科というのは、それこそ医師として可能性を広げていくことになると言えます。多くの知識を手に入れていくことで、対応できる幅を広げていくことができると共に、多くの臨床場面と出会うことができるでしょう。ただ、幅広く知識を手に入れているだけで、深みがない知識であると、対応しようにも対応できなくなってしまい、医師としての魅力を上げていくことはできなくなってしまいます。このようなことから総合診療科というのは向上心を非常に高く持っていき、幅広い関心を持っておくことが必要であると言えます。

総合診療科へ転科する場合、職場は大きな病院になることが多いです。大きな病院であると求人が積極的にされていることもありますが、そのぶん多くの医療従事者が集まってくることもあります。そのため採用試験などが少し厳しくなることもあるでしょう。転科となると、それまでの経験をどのようにして総合診療科に活かしていけるのかをはっきりさせておく必要があるでしょう。

前の診療科の経験をどのように活かせるかが明確になっていないと、総合診療科で活躍をすることは難しくなります。転科をする際には、基本的に転科をする前の診療科がどのような診療科であっても、その知識や経験を活かしていける可能性はあります。自分がどのような経験をしてきたのかによって、総合診療科での立ち位置が決まってくることもあるでしょう。

転科というのはそう簡単なものではありません。転科をしようと思っていても、思うとおりにできない場合もあります。転科のタイミングも含めて、しっかり見極めていくことが大切です。転科をする前の診療科で何かやり残していることがあるという場合には、それを解消させてから転科をしていったほうが、後悔は少なくなると共に、充実した経験を積んでいけるでしょう。

総合診療科に対してどのようなこだわりがあるのかによっても、転科の難易度は変わっていきます。より多くの臨床の経験を積んでいきたという人もあれば、幅広い症状に対応できるようになりたい、あるいは地域などに貢献していきたいという場合もあるでしょう。目的にあった転科先を選ぶことも大切です。

医師の転科なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師の転科ナビ【※スムーズに転科する方法】 All Rights Reserved.