医師の転科ナビ【※スムーズに転科する方法】

医師の転科ナビTOP >> 診療科別の転科事情 >> 神経内科

神経内科

医師としての転科で、神経内科が候補にあがることもあるでしょう。神経内科においては運動に関する病気や、神経的な病気などに対応をする診療科になります。神経内科はリハビリテーション科と大きな関係を持ってくることも多く、リハビリに医師が関与していくこともあると言えるでしょう。そのため内科などに関する知識だけではなく、リハビリや運動器に関する知識もしっかりと蓄えておく必要があります。

転科をする際に、診療科に「神経」という言葉がついていることから、精神科系の診療科と間違われてしまうこともあるかもしれません。しかし神経内科というのは、どちらかというと、脳などに関する病気に対して専門的な内容を持っていく診療科であり、神経や運動などに関して治療をしていくことが多くあると言えます。ただ、精神科とも無関係とは言い切ることはできず、精神科や神経からくる症状というのはしっかりと把握いておく必要があります。そのため、神経内科という言葉ではありますが、非常に幅広い知識を持っておく必要があります。このようなことから、転科をする前の診療科の知識が何らかの形で大きく関わっていくこともあり、医師としての経験をしっかりと積んでいくことができる場合も少なくありません。

神経内科に関して正しい理解も必要ですが、神経内科で扱う疾病に対して幅広い視野を持っておくことも大切です。当然専門的な知識なども必要になります。神経内科に転科を検討している人も少なくないため、転科を成功させるためには職場に関する情報収集というのは欠かすことができないと言えるでしょう。

どのような診療科で仕事をしてきたのかは人によって違ってきますが、以前の診療科の経験や知識が、神経内科でどの様に活きていくのかをしっかりと説明できるようにしておく必要はあります。また、神経内科を選んだ理由というのもハッキリさせておく必要があるとでしょう。このような理由がハッキリしていない場合、転科で不利になってしまったり、そもそも採用を検討してくれない場合もあると言えるでしょう。

医師としての能力が高い場合、転科であってもスムーズに採用してもらえる可能性はありますが、実績や、経験だけでなく、意思表明(動機など)がどれだけ上手くできるかどうかということも大きく関わってくる要素になります。経験や実績が大きくあるからと言って、意思表明が疎かになってしまわないように注意が必要です。

医師の転科なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師の転科ナビ【※スムーズに転科する方法】 All Rights Reserved.