医師の転科ナビ【※スムーズに転科する方法】

医師の転科ナビTOP >> 診療科別の転科事情 >> 整形外科

整形外科

運動器の障害、骨折などの治療など外科的な治療をしていく上で、スポーツや、骨などの疾患と大きな関わりを持っている外科であると言えるでしょう。外科と言うとこの整形外科をイメージする人も多く、外科としての知名度も高いと言えるでしょう。整形外科として仕事をしていく際には、リウマチなどの症状も扱っていくことが多くあるため、やはり専門的な症状や状態を把握しておく必要はあります。

また画像検査などから症状を発見していくということも重要になるため、知識だけでなく、場数、経験というのもとても大切になると言えるでしょう。 整形外科として救急治療をすることもあり、多彩な現場で仕事をすることもあると言えるでしょう。 比較的激務になってしまいがちであり、日常生活も不規則になりがちですが、やりがいというのは非常に多くあると言えるでしょう。 整形外科に転科をしていくというよりも、整形外科から転科をしていくということも多くあり、人が不足してしまいがちな施設などもあると言えるでしょう。

整形外科を用意している専門機関というのは多く、整形外科での職場をしっかりと探していくことは比較的容易にできると言えるでしょう。整形外科として仕事をしていく場合、手術などが多くある場所もあれば、手術はあまりしないような専門機関もあると言えるでしょう。手術に関して大きな関心があるのか、それとも違う治療に興味があるのかによって、選択していく職場は大きく変わるといえるでしょう。

手術をしていく場合、手術に関するスキルを上げていかなければ、整形外科としての仕事は非常に難しくなってしまうでしょう。スキルが上がるまでは、一人前と認められないこともあると言えるでしょう。 転科をすることで、それまでの立場と大きく違ってしまうことはある程度覚悟しておく必要があります。特に外科とは関係ない診療科から転科をしていった場合には、初心者のような扱いをうけることもあると言えるでしょう。 経験やスキルを積んでいくことが重要であり、それまでの経験や年齢というのはあまり関係ないこともあります。

転科を受け入れてくれるか、どのような経験を積んでいけるのかというのは職場によって大きく違います。整形外科だからどこも同じであると思っているとせっかく転科をしたのに、自分が思っていたような整形外科の仕事ができないという状況に陥ってしまうこともあります。職場を丁寧に選んでいくことが長期的な整形外科の活躍につながります。

医師の転科なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師の転科ナビ【※スムーズに転科する方法】 All Rights Reserved.