医師の転科ナビ【※スムーズに転科する方法】

医師の転科ナビTOP >> 診療科別の転科事情 >> 内科

内科

内科への転科を検討している医師は決して少なくありません。内科というのは医師としてのイメージが強く、医師として活躍がしやすい、求人が多くあることが影響しています。 他の診療科で仕事をしているが、将来的なことを見通して内科に転科をしていく人もいます。内科に精通することができるとさまざまな診療科で知識を活かしていけるので、医師としての能力の底上げにつながることもあります。 このような魅力があり、最終的に内科になろうと思っている人もいることになります。

しかし、他の診療科で大きく活躍しているからといって、必ずしも内科で活躍できるかどうかというのはわからないことになります。内科で活躍をしていくためには、当然内科の専門性、仕事が必要になります。 他の診療科とは当然違うことになり、他の診療科と同じ気持ちでやってしまうと、思わぬ苦労をすることもあると言えるでしょう。 慣れないとやはり大変なのは内科であっても同じであると言えるでしょう。

職場によって内科の立ち位置というのは変わっていきます。内科が大きく独立していることがあれば、内科の中でも、さまざまな分野に分かれていることがあります。総合病院や大きな病院であると内科がいくつかにわかれていることが多くあると言えるでしょう。

自分が関わってきた、診療科と関係が深い内科の仕事をすることができれば、活躍できる可能性はありますが、それではあまり転科をした意味がないと感じる人もいることでしょう。そのため就職をしようとしている医療機関の内科の立ち位置に関する情報を集めておくことも大切になります。

内科でしっかりと仕事をすることができるようになれば、転科は成功と言えるでしょう。この成功の鍵を握っているのが、転科への正しい理解と、職場への情報収集です。医師で転科をしていく場合、プライドが高かったり、自分の技術に大きな自信を持っていると、情報収集というのは疎かになりがちです。「自分であればどこでも活躍できる」というおごりから、効率の良い仕事、勉強をすることができなくなってしまうこともあります。 こうなると転科は非常に厳しいものになってしまうと言えるでしょう。当然、全ての知識や経験をリセットするわけではありませんが、ある程度、医師としての初心に返っていくことが重要になります。 新鮮な情報を自然体に吸収していく柔軟性というのも必要になります。人によっては、内科への転科というのはとても難しいものになってしまうこともあると言えるでしょう。

医師の転科なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料
  • 無料
  • 対応エリア
  • 全国
  • 評価
  • ★★★★★

>>医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師の転科ナビ【※スムーズに転科する方法】 All Rights Reserved.