医師の転科ナビ【※スムーズに転科する方法】

医師の転科ナビTOP >> 診療科別の転科事情 >> 外科

外科

外科は、大きな治療をしていく際に、中心的な診療科になることも多く、非常に魅力的な診療科になります。外科は人が少なくなってきている傾向があり、やはり責任の大きさ、業務の多忙さなどが影響し、他の診療科に移ってしまうことも多くあります。そのため外科に転科をしてくる人よりも、外科から他の診療科に転科していく人のほうが多い傾向があると言えるでしょう。

しかし外科というのは医療で非常に重要であるゆえ、一定の外科医が存在しないと効率的な治療をすることが難しくなってしまうこともあります。外科の人数が少なくなることで、治療ができなくなってしまうことは非常に大きなデメリットを残してしまうことになるでしょう。 ただ、外科というのは技術的な熟練度がとても重要になり、数年で一人前になれるわけではありません。そのため育成に時間がかかるというデメリットもあります。

計画的に外科の人数を増やしていくことができないと、現場から退いていく人が多くなってしまい、新しく参入してくる人が少なくなるという状況になる場合もあります。 そのため他の診療科から外科に転科をしてくる人というのはとても貴重な存在であると言えます。当然適正や、経験、技術などが影響していくこともありますが、モチベーションを高く保つことができれば、難易度の差はあれば、外科として一人前になることができると言えるでしょう。

一般外科というのは多くの病院や医療機関でみられる診療科になります。そのため見つけること自体はそこまで難しくありません。外科としてどのような治療をしていくのかも病院などによって違ってきます。自分にあった治療を提供しているところであれば、転科と言ってもそれほど難易度が上がらないと言えるでしょう。(当然一定以上の難しさはあります)

転科をしていく際に、外科を選ぶのであれば、大きな病院が良いと思う人もいるかもしれません。大きな病院であると、外科の中でも専門的な分野に分かれていることはあります。その際にはどのような分野で外科として仕事をしていきたいのかをハッキリさせておく必要があるでしょう。

転科を適切なものにしていけるかどうかというのは事前の情報収集が鍵になります。自分の経験だけから、転科先を決めてしまうと、それは大きな失敗につながってしまうことがあるため注意が必要です。 当然経験や技術を少しでも多く活かせることは大切ですが、それができるかどうかを判断するには情報収集が大切になります。

医師の転科なら! 医師転職サイト人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>医師求人サイト人気ランキング・2位以降を見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2015-2018 医師の転科ナビ【※スムーズに転科する方法】 All Rights Reserved.